スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ごあんない(この記事いつもトップにきます)

2036.12.01 Mon

こんにちは!茂原市チカ治療室です。
ブログは引っ越しいたしました。
最新情報はこちらをご覧ください。

yagi
チカ治療室 鍼灸・整体

こちらもご覧くださいね。

また、心の息抜きをしたい方、
こちら
どうぞ。

スポンサーサイト
Category:■営業のごあんない | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

お知らせ!

2011.12.05 Mon
ブログを引っ越しします。

これからは、こちらです。
どうぞよろしくお願いします。

Category:■営業のごあんない | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

非効率なやりかた

2011.12.04 Sun
治療室では、ときどき、
「あれ?今日は、わんちゃんは?いないの?ざんねん」
と、イヌ好きな方に、言われたりします。

イヌは、ときどきの出勤です。

朝、「今日は仕事だよ!」と言うと、


小さい方は、
tiisai
ぎゃんぎゃんぎゃんぎゃん(行く!行く!)
と、大張り切りなのですが、
大きい方は、



「あぁ?」





wantyan2

「かったりいし、さむいし、
アタシャ、イカナイ」
と・・・・・・。

ところで、休みの日など、
イヌを連れ、チラシ配りをしたりします。
チラシ配りは、広告としてはものすごく効率が悪いものです。

特に、近辺は、農家のお屋敷ばかり。

門をくぐり、
大きい庭を通り抜け、
そのお庭では、家の方が庭木の剪定をしていたりして、
「こんにちは~」などといいつつ、
玄関先のポストまで。
門から玄関まで、行ったり来たりだけで、かなりの距離。
そして、庭に足を踏み入れるのは勇気がいり、
玄関先に人がいると、やめてしまったりする。

都会のマンションにポスティングするのとは違い、
数十通配るのに、気がつけば2時間位かかっていたりして。

・・・ほぼムダな労力という感じもする。

でも、やるのは、やっぱりどこかに、情報を求めている人がいると思うから。

ネットで検索できる世代より、上の世代の方で、
腰や足が痛くて、
でも、どうしたらいいかわからなくて、そして情報も入手できず、
困っている人は、いると思います。

まあ、イヌの散歩ついでになるし、運動にもなり、
フーつかれた、なんだか「やった感」がある。
やった感あればいいってもんでもないけど。

とぶつくさ言っていた私でしたが……

ある商売をやっている患者さんの足がパンパンなのです。

聞くと、お得意さんへのチラシ配りをやっていたとおっしゃいます。
年に3回はやるという。

ホエー
私よりずっと目上で、とてもきゃしゃな方なのですが、
当然のことのようにやっている。

間違いなく、当治療室においでになる方は、
私の100倍働き者の方ばかりです。

毎日畳ベッドに寝転がり、腰痛にも肩コリにもならず、
読書しながら昼寝(手足や頭にハリを打ったまま)(←これ至福のひととき)を
欠かさない、
タテのものをヨコにもしない私はそう思っております。




Category:・いつもの治療室 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

めまい 治療のご感想

2011.12.02 Fri
毎週、整体の勉強に行っていますが、出る時間は夕食には早く、
帰ってくると夕食には遅すぎる。

ちょっとなんかお腹に入れたい…と思い、入ったファミリーマート。

かねてより、たべてみたかった、
「俺のエクレア」

エクレアっていうのは、「ぱくっ!」とたべるもの。


しかし、これの場合、
ばくばくばくばくばく・・・とたべる。

おばさん、女子が喜ぶような、「ちょこっと」のお菓子だと物足りないけど、
これは、でっかいので、満足できました。
中に、カリカリが入っているのもうれしい。

ただし、食べ終わったら、必ず鏡をみるように。

必ず、口の周りにチョコレートがくっついているので。

というわけで、また治療へのご感想をいただきました。



TAさん 57歳女性

おかげさまで、鍼灸の治療でめまいはまったく起こらなくなりました。

あのいやな感じが無くなりほっとしています。

仕事を辞めたこともあるのでしょうが後頭部のむくみも無いように思われます。

首のコリはありますが体操(自きょう術)で首の運動を心がけております。


以前岩盤浴に通いつめていました。
汗をかいて気持はいいけれど
奥の方にある疲れは取れないと思うようになりました。
その後先生にお世話になるようになって本当に体のゆるんで行く事を実感できました。

ありがとうございました。
又よろしくお願い致します。

・・・・・・・・・・・・・・
TAさんの場合、夏前から続いていためまいが、
1回の鍼灸治療で、運良く、解消したケースです。

めまい、耳鳴りは、早ければ早いほど効果があると思っております。

お仕事がハードだったそうで、そのお疲れもあったのだと思います。
お仕事は一段落されて、少しゆっくりできるといいですね!



Category:■当治療室へのご感想 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

股関節の痛み ご感想

2011.11.29 Tue
私は、日本鍼灸マッサージ飼いに所属しているのですが、
その、いすみ地区の会合があるというので、
行ってきました。
業界の情報、地元の情報、長年地域に密着してやってらっしゃる先生の
お話をうかがうことができました。
ひとりでやっていると、知らないことがいっぱいなので、
こういう機会は貴重です。

会合は、地域のレストランでやったのですが、

こない!

私の、注文した、天丼が、こない!

ほかの先生が食べ終わっても、こない!





それはいいとして……

治療を受けたご感想をいただきました。

股関節痛 Aさん 72歳女性

約3年前位より右大腿部の痛みで、
力が入らない状態が続いている中、
だんだん痛みの方がつよくなり歩行がつらいと感じることが多くなって
仕事もやめました。
治療を開始、最初はすごく軽くなったのを感じましたが
良い時だけでなく一進一退をくり返しています。
来春暖かくなって海に入れたらと欲張っています。
せめて歩行がもう少し楽になりたいと思います。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
長く慢性化した症状は特にですが、
治療をしているとその改善は一直線ではありません。

最初の数回は、「いい感じ!」を実感できることが多いです。
と、いうことは、治療のピントもずれていないと思うのです。

しかし、大体の傾向としては、
しばらくすると、治療効果もゆるやかになったり、横ばいになったり、
また後退したりということも起こります。

また痛みが起きるとガッカリするし、
治療が長引いてくるにつれ、私もプレッシャーを感じてきます。
しかしそこで、「あきらめないこと」。
辛抱と根気も必要になってくるんです。

あとは、毎日治療というわけにもいきませんから、
自己療法もアドバイスさせていただいています。
自分でお体を動かす、本当はこれが一番重要。
ご自分のお体ですから。
(ただし痛みを増強させてしまう動きもありますから注意が必要)

Aさんは、よくなったらこうしたい、という目標が明快なのです。
私も全力で応援させていただきます。





Category:■当治療室へのご感想 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

半月板損傷の痛み

2011.11.27 Sun
日が短くなりましたね。
日が落ちると、治療室のまわりはまっくら。
ということで、ささやかな、ソーラーイルミネーションを、道路沿いの看板と、
入口のカエルの石像のところにつけました。
ピッカンピッカン。

あと、夕方になると、なぜか治療室の周りは、
「堆肥のかほり」が充満するんですよね。
鶏フンのかほり?
田舎の情緒です。
ちょっとがまんしてくださいね。

さて、治療のご感想をいただきました。
ありがとうございます!

半月板損傷、ヒザの痛み

Sさん(40代)

2年前に仕事で膝を痛め、整形外科を受診すると軟骨が減っていると言われました。
しかし、重症ではなく痛みも酷くはなかったので、その後も騙し騙し生活していました。

ある時、マッサージをしてもらったら、
その夜からパンパンに腫れて歩けなくなってしまいました。
整骨院で湿布をしたり治療して頂き、普通に歩けるようにはなりましたが、
正座が出来ません。

整形外科では半月板損傷だが、筋力を付けるようにすれば良いと言われました。
『このままでは嫌だ!何とか良くしたい。』と思い、
以前から気になっていたチカ治療室を訪ねてみました。

最初は、正直物足りなかったのですが、
強い力で揉んだりして腫れたのだから、緩やかな整体でいいのだと思いました。

3~4回目で鍼灸もして頂きました。
私は、鍼灸院へも通ったことがあり、漢方や東洋医学に興味があるので、
怖いとか不安は全くなくワクワクしました。

不思議と翌日から痛みが無くなり、
階段もトントン降りることが出来るようになり、
また正座も出来るようになり、とてもビックリしました。

先生に教えて頂いた体操も毎日しています。
良くなり、最近はサボり気味ですが、また続けていこうと思います。
今も、肩凝りや腰の張りが気になるので、時々お世話になっています。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sさんは、ヒザの方はほとんど気にならないほどよくなりました。
お仕事で、正座が必要なこともあるのですが、もう大丈夫です。

今は、お体のメンテナンスでいらっしゃっています。

また、ご主人も、腰の不調でご来院下さっています。

運動器疾患は、ほとんど、整体だけで対応できますが、
鍼灸に関して、恐怖感のない方は、鍼灸も、併用させていただいています。

Sさんは、どうぞなんでもやってくださいとおっしゃって下さいましたので、
ありがたかったです。
併用すると、より効果的な方法を試し、見つけることができます。
私としては、こちらのほうが、改善の早さを期待できるのではないかと
思っております。

ただ、鍼に対して、ものすごい恐怖感を持っている方がいるのも事実なので、
ムリにお勧めせず、ご希望をお聞きしてやっています。
(今までは鍼灸専門だった当院、
整体を始めてから、これほどまでに、ハリが嫌がられていたのだと知りました。
ハリって本当に素晴らしいものなんですがねぇ!)






Category:■当治療室へのご感想 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

田園の美術館

2011.11.18 Fri
治療室の斜め向かいは、「田園の美術館」
「あの美術館は、何をやってるのですか?」と患者さんに聞かれ、
そういえば今、何を開催しているのだろう・・・と
行ってみました。

そうしたら、今、とても素敵な絵画展をやっていました。
「安永元典展」
ポスターには、枯れたカラスウリ。
それを見てオブジェかと思ったのですが、
実物は、
細い細い筆で、一筆、一筆、描かれたであろう、静物画でした。

リアルに描こうとすると、かえって作品に嘘が出てしまうものですが、
カラスウリや、むべや、ぶどうなどと、
長い時間、静かに向き合い続けた作品ばかりで、
その長い長い時間の集積を思い、かしこまった気持となりました。

作品の中には、ただ、石ころが1個、描かれているものがある。
その石ころの実物も展示してありました。
石の、割れ目、くぼみ、模様、これがごまかしもなく、そのまま再現されている。
写真みたいな絵だと、それは気持ち悪い場合もありますけど・・・

ただただ、忠実に見つめつづけ、器や果物と語り合い続けた、
なんの作為もない、
それが美しい作品となっていました。

どれほど真面目で誠実な方なのだろうと思って、作家の写真を拝見しましたら、
思った通りのおだやかそうな方でした。
12月11日までやっているようなので、
治療のお帰りに、寄ってみるといいですよ!

いすみ市 チカ治療室 鍼灸・整体



Category:・いつもの治療室 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

腰痛の原因ナンバーワン!

2011.11.16 Wed
当治療室、腰痛の原因の第一位、
なんでしょうか!!!?

そそ、それは!!!!?

そそ、そして、第2位は!!!?

一位、「草むしり」
二位、「介護」
でしょうかね!!!

草むしりって、重労働。
とても、つかれます。

運動したような気になる。

でも、
全然、運動になってませんので!!!

それよりは、「ラジオ体操」した方が、
いいです。

私、今まで「ラジオ体操」
バカにしてました。

だいたいの人は、バカにしてんじゃないですか。

それで、テレビや雑誌で流行になる、
「なんとか体操」、「かんとか体操」を
やってみては、

すぐやめてるのではないでしょうか?

しかし、治療をしていてつくづく思ったのです。

ラジオ体操、とても大事。

なぜなら!!!

60代以上になりますと、
ラジオ体操にある動作さえも、できなくなっている方が、ザラです。

側屈とか、両手を上げる動作とか。
まさかこんな簡単なことが、できないわけが・・・と思うけど、できない方多いです。
それと、深呼吸できない方多いです。
いやほんとに!

草むしりの合間にでも、
ちょこっとでいい、
ラジオ体操でもしていたなら。

たった一度でいい、
毎日ラジオ体操していたなら。

チリも積もれば山となる。

年をとっても、側屈できるはず。

流行の体操はいいから、ラジオ体操がいいと思う。

いすみ市 チカ治療室 鍼灸・整体






Category:・腰痛 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

尾骨の痛み

2011.11.12 Sat
先日、「骨盤調整はやってますか?」という問合せを受けました。
私は、質問の意味がわからないまま、
「それで痛みが改善する場合は、やることもありますが…」
というような答えをしたような気がします。

今思うと、なぜそのような質問をなさったのか、
お聞きする必要があったなあと思います。
何か不調があり、「骨盤調整」をやると、良くなると思われたのか。
それとも、美容にいいと思われたのか。
または、骨盤にゆがみがあると問題だ、と心配になったのか。

当治療室の場合は、「骨盤調整」自体を「目的」とすることはなく、
治療のための、一つの「手段」として、場合に応じて、やっています。

また、骨盤のゆがみは、体の不調の「原因」というより、
筋肉のコリ、姿勢の癖、日常動作などの「結果」だと思います。
骨盤のゆがみを直しさえすれば、なにかが解決するということでもないでしょう。

整体にいらっしゃる方は、
「私骨盤ゆがんでないでしょうか?」と気にする方が多いです。
「整体」=「骨盤のゆがみを直す」 というようなイメージがあるようです。
では、調整をして骨盤が左右対称に揃うと、いいのでしょうか?
その人が日常行う動作によっては、少しゆがんでいて、ちょうどいい具合、
ということだって、あるかもしれません。

Mさん(40代)は「背中の痛み、尾骨の痛み」で来院されました。

この方は、足を組んだり、横座りするときに、片側しかできないといいます。
こういうときは、「骨盤の調整」をやるといいと思います。
調整をすると、反対側に座るのもラクになりました。

また、背中の痛みは2回の施術で取れました。

しかし、尾骨の痛みは変わりません。

「体育座りをして、上体を後ろに倒していくと痛い」
「ベッドにお尻をついた瞬間痛い」
「長時間イスに腰掛け、立ちあがる時に、はがれるような痛みが起きる」

尾骨だけが、押すと、ピンポイントで痛いのです。それ以外の痛みはありません。
とくに尾骨をぶつけたり、ケガをしたこともないようです。
骨盤調整、尾骨の位置調整、尾骨に関わる筋肉の緊張緩和など、
週1回の施術を7回しましたが、
尾骨の痛みは、あまり変わらないようです。

私は、治療後、必ず変化を確認をするのですが、
「10」の痛みが「7」位に緩和していたなら、
ピントのずれたことはしていないはずです。
でも、あまり変わらないなら、ずれた治療をしているのか?
それとも、自分には治せない症状なのか、どちらかですね・・・

8回目。気持ちを入れ替え、
「もしも鍼だったらどのツボ使うかなあ・・・」
頭と手のツボが浮かびましたが、整体をしながらなので、
頭だけ、ハリを打たせていただきました。
そして、この方で気になっていたのが、脊柱の硬さでした。
骨盤はあまりいじらず、脊柱と首の調整を中心に行いました。
すると、10の痛みが3程度に変化したのです。

その治療から、痛みを感じない日が続き、
その後少し痛みが出てしまいましたが、前よりは弱いようです。
この方は、まだ治療中ではありますが、
痛い部分の周囲のみ治療すれば、よくなるともかぎらず、
全体から見て行くことは大事ですね。


Category:・坐骨神経痛 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

座骨神経痛

2011.11.04 Fri
sannseberia
人知れず、サンセベリアに花が咲いていました。

konohinohana
花はほとんど野草で、すぐしおれてしまうので、ほぼ毎日活け替えています。
この日は、ヤブラン、ホトトギス、クジャクソウ、
シロヨメナ、ドライフラワーになったタマアジサイ、
セイタカアワダチソウ
と、豪華です。
頂きもののカボチャも形が素敵なので、食べられないで飾ってあります。

oyatutaimu
実は、寝ている患者さんの2メートルほど先にはイヌがいたりしますが、
おとなしすぎて、気づく方は少ないです。(つないでありますので)
(おやつタイムのめり子。)

さて、

「イスに座っていると、お尻、太ももの後ろ、そけい部が痛くてたまらなくなってくる。
長時間座っているのはムリ」
という症状だった、Tさん。(50代)
一般的には座骨神経痛、という名称で呼ばれる症状です。
(当治療室では、座骨神経が関係するとは考えていませんが)

いわゆる腰痛、いわゆる座骨神経痛、これが当治療室では一番多い疾患です。

と、いってもひとりひとり、訴えも、痛みも、似てるようで全部違うんです。

施術方法も、似てるようで、その場その場、全部違った方法を用いています。

治療中は、
なんでここに痛みが出てるんだろう?、
どの技が最も有効だろう?、
どこがどうなっているんだろう?
あと○分だ!、どこを優先させて、どうやろう?
と、いつも頭がフル回転しています。

この頃は、腰痛、座骨神経痛等、運動器疾患は、ほとんど整体で対応しています。

鍼灸は、思いのほか、恐怖心を持っている方が多いようなので、
その方のご希望を重視しています。

Tさんの場合は、鍼を用いて欲しいというご希望で、
鍼と整体を併用していきました。

鍼と整体、どちらが効くのか?

これはなんともいえません。

鍼と整体は、似てる疾患をカバーしていますが、
まったく異なったもので、効く感じも全然違う。

私は、鍼を用いるときと、整体のときは、
頭のスイッチが、かちりと切り替わる感じです。
整体であまり良くならなくて、鍼灸に切り替えたら良くなった方、
その逆の場合も。
やってみなければわからないのです。

Tさんの場合は、週2回、治療に通われました。

・6回目、電車で東京まで出かけたが、痛みを感じず過ごせた。
(それ以前は、30分座っているのが限度だったそうです)

・7回目で、「うんと辛くはない、あまり気にならない状態」
となり、

・10回目で「すこぶる良好!」
ということで、いったん治療は一段落となりました。

ここまで1カ月ちょっとです。

この方の場合、痛みの原因の特定が簡単だったのと、
週2回、きちんと通っていただいたことで、
かなり早く治った症例です。

長期化した腰痛、座骨神経痛は、
当治療室の場合、治療後、程度の差はあれ、
改善を感じられることと思います。

「帰りはルンルン」、と言う方が多いです。

しかし、数日経つと・・・


「だめだ~、また痛くなっちゃった・・・」ということが、
治療初回~数回までは続きます。

本当は、この「痛みのぶり返し」が起きる前に、痛みを止める。

「体や脳が覚えてしまった痛みを忘れさせる」、

ということが、大事なので、
治療は連続して行った方が、治すという目的からすると、効率的だと思います。
もしも余裕のあるかたなら、1日2回とか3回行ってもいいと思う。

そうすると、この方にはAという方法がいいか、いやBか!、
ムムっBで無効なら、Dで、
という感じで、もっとも効く方法を見つけることもできるのです。

時間が開いてしまい症状が戻ってしまった場合は、どうしても、
スタートラインから、「最大公約数的治療」というかんじになってしまうのです。

さて、今日はまた申し訳ないことがありました。こういうときは(汗)の絵文字でも書くのか?

数日前、殿部の痛みでいらした、Mさん。

治療後、痛みが増した・・・痛くなかった反対の殿部まで痛み出した・・・そうです。

痛くて、整形外科に行ったら「すべり症」とのこと。
「整体はやめた方がいい」
と医師のご判断で、次回の治療はキャンセルとなりました。

痛みが増したのは、施術のせいですね(汗)。
前にも痛みを増す治療をしてしまってから、
かなり用心深くしているので、物足りないくらいの施術だったと思うのですが、
多分こわばって、動かさないでいた筋肉を
動かしたたのが、現在のお体にとっては刺激となり、痛みがでてしまいました!

逆の殿部まで痛くなってしまったのは、逆側も痛みが出てもおかしくないほど、
こわばっていたからですね。

ただ、痛みは、動かしていなかったところを動かした、筋肉痛のようなものなので、
体に害はなく、痛みは数日で取れるのですが、
申し訳ないことをしてしまいました。

「すべり症」は、痛みには関係ありません。
(と、当治療室では考えています)
これで、「自分には腰に問題があるんだ」という思いになってしまいますと、
治るものが治らなくなってしまいます。

現に、
「ひどいすべり症」
と診断されたんだけど、
「腰痛なんて、なったことが全然ない」という方が、今、別の治療でいらしています。

Category:・坐骨神経痛 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

BONGGO

2011.10.23 Sun
昨日は秋の空気と打って変わって、もはぁ~とした、南風の蒸し暑い日でしたね。

そんなときに、にあう曲は、
「BONKONGGO」

これは、合気道の、サイパン合宿!に行った時、
現地のスーパーマーケットでレジのおばちゃんに、
「ジモトのオンガク、ドレ?」とお聞きし、購入したCDです。

ジャケットは、モノクロで、べらっと島の写真があるだけの、チープなもの。

フランクなんとかという、地元のポップスシンガーが歌っています。(多分)
セカンドリリースらしい。

「サイパン~、よいとこ、いちどは、いらっしゃ~い。
ぼかぁ、しあわせだな~」


と、いうようなことをサイパン語で歌っている。

(多分)

(BONKONNGOO、いったいどういう意味なんだろう・・・)


まあ、そういう、のどかで、体の力の抜けるような音楽なので、この日ちょっとかけてみました。

さて、Eさん、60代。
お尻がビーッと痛くなったということで、いらしたEさんですが、
ヨガをとてもとても熱心になさっている方で、
1回の治療で、その主訴は、改善。

2回目以降は、別の部位。
大腿部、内転筋に、強い硬結があって気になるとのこと。
また、右腕、前腕にこわばり。
これらも1回の治療でゆるんでしまいました。

日頃お体をヨガで動かしていらっしゃるので、改善が早い!

しかし、私が気になっていたのは、その症状も含め、
片手の震え等、パーキンソンでは?と思われる症状でした。
神経内科への受診をお勧めしたのですが、「大の医者嫌い」とのことです。

病名はどうあろうとも、
これまでも、ご自身で、非常に熱心にご自身でケアに取り組み、
症状を改善してきたのは事実です。

4診目からは、鍼灸も取り入れ、
交感神経の亢進の抑制、
脳血流量の改善を考えた全身治療、頭皮針も行いました。

鍼灸を取り入れたその日から、治療中に震えていた右手の震えは、少なくなり、
6診目には、かすかな震え程度に。

また、「数年前に、急に右足に力が入らなくなり、
今も、車のアクセルを踏むのがうまくいかない」という症状があったのですが、
それも整体でヒラメ筋をゆるめることにより、簡単に解消。

「治療帰り、アクセル踏むのがラクラクでしたよ。

こんなの何年ぶりですよ!

涙がでるほどうれしかったですよ!」

一般に、座骨神経痛と呼ばれる、臀部の痛みも含め、
筋肉の部分的なこわばりは、自分でもんだり、あれこれやっても、
取れにくいものです。

いつか、自然に治るだろうと思って、何年も持ち越し、慢性化してしまうこともあるのです。

そのような症状は、整体をさせていただければ・・・

もちろん回数がかかる場合もありますが、
Eさんのように、ご自分でヨガなどでお体をケアしていらっしゃる方は、
早く改善してしまうこともあります。

またパーキンソンの方には、鍼灸との併用をお勧めします。

Category:・パーキンソン | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

THE SHDOW OF LOVE

2011.10.21 Fri
CDプレーヤーが壊れ、
ケーズ電器で、名もないメーカーのCDコンポを買いました。
名のあるメーカーのは、デザインが凝り過ぎている。
つるっとしたのやら、ぴかっとしたのやら。色が光るのやら。
一昔前のは、みんな黒い昆虫のアタマみたいなデザインが多くてあれも嫌だったが。

一番ふつうで、何でもないデザインが、この名もないメーカーのだった。
しかも安かった。7000いくらだった。
よかった~。

私のやっている整体は、見た目は、とても簡単でラクラクそうなのですが、
(そう思って始めた)
実際やってみると、かなりの力仕事で、「やっ!」とか、「いえっ!」とか、
心の中で、気合いをかけてやっていますが、
おもわず、「うっくくく・・・」と口に出てしまう場合もあり、
やっぱり、音楽があった方がいい気がするのでした。

整体を初めて教わったときは、
「キツイ・・・きつすぎる、ちょっとこの技はムリ・・・ムリのようです・・・」
と言っていた技も、今はなんとかこなせているのが、自分でも驚きです。

患者さんの目には、タオルをかけておりますが、
それは、蛍光灯の光をさえぎり、リラックスしていただきたいのと、
真っ赤になって汗ばんでいる私の顔を見てほしくないから・・・

小川のせせらぎに、シンセサイザーの音がついたヒーリング音楽を
無難なので、よく使っていたんですが、

「サラサラサラ(小川の音)・・・・

カッコーカッコー、

ホーホケキョ」って・・・・

ちょっと、季節がミスマッチな感じになってきました・・・

だって、外では、カラスがカーカー、モズがキィーキィー。
山羊が、めぇー。

山羊のやぎおは、ゴハンチョーダイというときは、カワイイ声でメェーと鳴いていたけど、
先週あたりから、
「もほぉ~」といった、ひくいオッサンのようなダミ声を出すようになり、
ゆきちゃんにべたべたし、どうやら、発情期の様子です。

患者さんの途切れた時、は好きな曲をかけます。
日暮れも早くなりましたが、夕暮れ時に似会う曲といえば・・・

それは、

MINA

AOE。

THE SHDOW OF LOVE というCDをなぜか持っております。

これが、とてもかっこいいのです。
少し日本語っぽいけど、全部英語のジャズです。

MINA AOE・・・・
子供のころは、私、ただ、茶髪のケバい、おばちゃんだと思ってましたけど、
良く見ると、とても美しく上品な方で、声も素敵。
英語で歌う伊勢佐木町ブルースは、とてもしゃれた曲に仕上がっています。
リクエストがあればどうぞ。

さて、
今日患者さんから頂いてよかった~と思う言葉。

「腰が痛くて、お風呂の中で、浴槽のフチにも寄りかかることができなかった。
寄りかかれるようになりました。」

「膝が、痛くなる前より、痛くなくなりました。」
(この方は、半月板損傷と言われた方。正座OK,しゃがむのもラク。
今日10回目で、一応、膝に関する治療は終了となりました。)

「昨日はじめて、痛い右足を軸足に、段差を歩けた!浅い段差だったけど。うれしかったのよね。」(股関節痛の方。治療4回目)

全力で、汗を流します。


Category:・いつもの治療室 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

佐野パーキング

2011.10.18 Tue
先日、北海道から、義母(80歳)が泊まりに来ていました。

義母は北海道ではベッドで寝ていますが、
うちでは、ふとん。

朝起きて、「どうしたのかしら。ああ腰がいたい!」

起き上がって立ち上がる時の痛みです。

その後、車で那須に遊びに行ったのですが、パーキングエリアで、
我が家のバンから、下りる瞬間。
「ああ、また痛い!腰がいたい!」

なぜ痛むのか、どう治療したらいいのか、自分のアタマの中では仮説が立てられましたが、
パーキングエリアで、寝てもらうわけにもいかない。

ああ、そうか、それを立って応用してやればいい。
というわけで、
「お義母さん、こういうカッコしてみてください」
「ああ、こう?」
「あ~れ~、いたくなくなった」

その後、北海道に帰った後、電話をくれ、
「あれから、また腰が痛くなったけど、教えてもらった格好をしてみると
治ったよ」とのことでした。

このように遊びに行ってるときに、治療のやり方を思いつくのですね。
そういえば、朝起き上がりの時痛いという患者さんは、たくさんいらっしゃるんだわ。

・ムクっと起き上がった瞬間、痛いのか?
・それとも、立ち上がる時痛いのか?
・それとも、寝ていて目が覚めた時点で、痛いのか?、

朝起きて腰が痛い、といってもイロイロありますね。
それによってもアプローチするポイントは異なってきますが、
ふとんから立ちあがるときの痛みは、緩和できる方法をアドバイスできます。
佐野パーキングで思いついた。
(ってたいしたことでもないんですが・・・)





Category:・腰痛 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

これをどうみるか

2011.10.10 Mon
「何かにつまづくと、バランスを立てなおすこともできず、
まるで棒杭が倒れるように、バターンと転んでしまう」

「寝返りが打てない」

「かれこれ15年位、しゃがめない、正座ができない」

Mさん(60代)キャディ歴30年。

今も現役で、毎日10数キロ歩くお仕事をなさっています。

しかも、登り下りを、重い荷物を持ったり、カートを押しながらです。
多分、私なら1日でギブアップしそうなお仕事・・・

初めてMさんのお体に触れたときは、
てっきり、ボディスーツを着ていらっしゃるかと思いました。

全身、すべてが、ボディスーツを着ているように、固いのでした。

仰向けに寝た状態で、手をバンザイしていただくと・・・・
なぜか、手と一緒に、足が持ち上がってきた!

全身の筋肉が、固まってしまい、癒着したような状態です。

しゃがめない、正座ができない方には、いくつか理由があります。
膝関節の微細なズレが原因で、できない場合は、
割と早く改善できるのです。

しかし、Mさんの場合、それとは違います。
太ももの前面の筋肉(大腿四頭筋)が、固まって伸びなくなったゴムのような状態で、
大腿骨にぴたっと張り付いたようになっているのです。

仕事がハードなとき、膝や股関節に痛みが出る他は、痛みはなく、
週に1度の割合で施術していきました。

しかし、現役でお仕事されていますから、1週間たつと、また全身はかちんこちん、
足はバンバンにむくんでいる。

「また、スタートラインに戻ってしまっているのではないかしら・・・
現状維持が、精一杯かしら・・・」
という思いにかられたことは何度かありました。

しかし、ご本人によると、「治療を受けると、体が軽い。全然ちがう。ラク。」とのことです。

そして、ちょっとずつですが、Mさんのお体は変わっていったのです。

いつもあおむけの施術から、うつ伏せになっていただくときには、

「ちょ・・ちょっとまって・・・
よっこら・・・どっこいしょ」

と、時間をかけなければ、できなかった寝返りも、
10数回施術するあたりから、スムーズに。

寝返りから、起き上がりも、スムーズに。

いつも、お仕事帰りにおいでになるのですが、足も細くなった。

筋肉のこわばりが取れ、循環が良くなったので、
むくみにくい足になったのです。

kaneko1  kaneko2
1診目と27診目。(期間は半年ほどですね)
これ以上は、膝を曲げられません。

これを、どうご覧になりますか?

あまり変わりないんじゃない?と、ご覧になりますか?

変わっているのは、お尻。
殿筋と、ハムストリングス(太ももの後ろの筋肉)。
最初の頃、お尻と太ももは、まるで「鋼鉄」でした。

今は、治療し始めは固いのですが、
すぐにプルプルにゆるみます。

ただ太ももの前面の筋肉は、まだまだです。

ご自分でできる簡単な体操もアドバイスさせていただいていますが、
施術も、
鍼灸、整体、吸角、さまざまな角度から、
もう、ほんとに全力で!
ケアさせていただいております。

Category:・膝の痛み | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

突発性難聴

2011.10.10 Mon
「ぽくぽく・・・・・・」



「ころころ・・・・・・・・」




「・・・・・・・・こけこっこ~~・・・・・・・」



「・・・・・・・めええ~~・・・・・・・」


以上、

・裏のお寺の木魚の音、
・コオロギのこえ、
・裏の放し飼いのニワトリ、
・顔に似合わずカワイイ「やぎお」の鳴き声、

でした。

CDプレーヤーが壊れてしまいました。
しずかだ・・・しずかすぎる。
風がなくて、車が通らないと、
「・・・しぃぃぃ~~~ん・・・」という音が聞こえそうな静けさです。

さて、
病院で、突発性難聴と診断された、Eさん(17歳)

音楽をボリュームを大きくしてイヤホンで聴いてからだそうです。
症状があるのは左耳で、音は聞こえるには聞こえるけれど、
ずっと、「ピーー」という高い音が鳴り続けている。

突発性難聴は、早めの鍼灸治療がいいです。
初診時この方は、発症から1カ月たっていませんでした。

週に1~2回の鍼灸治療を行いました。

3診目までは、
「あまり変化なし」。

4診目後からは、ピーという音が小さくなったのがわかった。

6診あたりからは、手で耳をふさぐと、ピーという音はわずかに聞こえる程度になり、

7診目では、ほとんど気にならないレベルになりました。

この方の場合、音を聞くのに特に不自由はなかったようで、
症状としては重い方ではなかったと思うので、
回復はかなり早い方だと思います。
通常は、週に1~2回、半年くらいは続ける覚悟が必要かもしれません。

突発性難聴、意外と「実は、片耳はきこえない」
「スズムシが耳の中で鳴いている」
「セミが鳴いている」なんて方は多いのです。
しかし、治らないと思ってそのままにしている。
そんなとき、鍼灸がお役にたつことをお忘れなく。
特に発症初期。
後々後悔しないためにも、試す価値はあります。

今月、病院での診察があるそうですが、
聴力も通常に戻っていることを祈っています。



Category:・突発性難聴 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

筋トレは必要ない?③立つ力

2011.10.04 Tue
風向きによっては、山羊の香りが室内に充満する、
チカ治療室です。
前の治療室は、風向きで「豚小屋」の匂いがしたが、
いまは「やぎお」の匂い。

なかなかオツです。

ところで、最初「腰が割れるように痛い」と来院なさった、
Kさん(60代)。
ずっと週1日の割合で、いらしていましたが、腰の方は痛みはなくなり、
今は、別の気になる部位の施術に入っています。

この方のお悩みのひとつが、
「畳に手をつかなければ立ち上がれない」。

以前は、手をつかずにすっと立ち上がれたのに、
このごろ、ドッコイショと手で支えなければ立てないそうです。

しかし、施術14回目で、

「見て!」

「立てるようになったの!」

正座から、ちょっと足をずらし、手をつかずに、すっ!と立ちました!

おお~~!!

この方、趣味のお稽古ごとで着物を着ることが多いそうで、
立つときに、手を畳につかなければならないのが気になっていたそうです。

この方の場合も、
立ち上がるために、筋肉を鍛えたり、
体操したりすることは一切していません。

痛みやこわばりが解け、
筋肉がちゃんと働くよう機能できるようになっただけだと思います。
それで、立てるようになった。

よく、足腰の痛い方が、

「体重のせいかしら?」

「運動不足のせいかしら?」

「年かしら?」
とおっしゃるのですが、


はっきり言って、
関係ないと思います。

だって、お年を召していて、
運動も全然してなくて、
体重もたっぷりある方で、
腰も足も、痛くない方だって、たくさんいるんですよ。

運動や筋トレも、
適度にやるに越したことはないと思いますが、
ムリな運動をするよりは、
「体が自然でラクな状態でいられる、バランスの良さを保つこと」、の方が
大事だと思いますね。

しかし、これが難しいことですね。

当り前、と思えることが、できないって意外とある。

私が驚くのは、

「普通に息をする」ことが
上手でない方が
思いのほか多い、という事実です。
つづく



Category:■営業のごあんない | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

筋トレは必要ない?②思わず涙

2011.10.01 Sat
kyounohana
いつも野草を活けているのですが、
いらっしゃる皆さんは、よく見て下さってます。
「これは・・・
キクイモ、マンジュシャゲ、ススキ・・・」
「このピンクの花は?」

藤袴です。

yoruno
夜の治療室。
明かりは、単管の蛍光灯なのですが、一応電球色を探しました。
白いのとあまり変わりないかな、と思っていたのですが、
これにも気づいて下さった方がいました。
ちょっとだけ温かみのある色です。
夜は、虫の声がにぎやかです。

さて、胸椎圧迫骨折で、円背になり、
あお向けにも、うつ伏せにもなれない、
寝返りも打てない、
右を下にしてしか寝られなかったOさん。

骨粗鬆症ということもあり、治療は慎重に。

治療のときは、あお向けの時、背中に枕をあてて行っていました。

そうして、7回目のとき、
ついに、
かたい畳ベッドの上で、あお向けで、何ら問題なく、普通に寝そべることができました!

これまでは、
寝ているときは、動けないので、
かけ布団がずれていても、直せなかったのだそうです。

「本当にあお向けになれるとは」

涙ぐんでいるOさん・・・

私もじーん・・・
「背中!見て下さい!」と私が鏡を指差すと、
「あらずいぶんまっすぐになってる。これなら鏡を見るのも嫌じゃないわ」
めでたしめでたし・・・・?



とはいかず・・・


はら~、
その次いらしたときには、また、背中が丸くなっていました・・・



なんと、4時間!、ぶっ続けで、草むしりをしたという・・・

それでは、誰でも背中が丸くなります・・・


今まではできなかったけど、体がラクになったので、ついやってしまったとか。

「ふとんも干せるようになったの!前はできなかったのに」、とのこと。

でも、ムリをしないで下さいと念を押しました。

3診目と8診目の写真です。(週2回の治療)
肩の位置が全然違います。背中も写真では良く見えませんがまっすぐになっています。
sisei1 sisei2.jpg
右の写真は、むりに胸を張ったのではありません。
そして、矯正をしたわけでもありません。

こつこつ、やさしく、こわばった筋肉の緊張をゆるめていっただけなのです。

年配の方で、背が丸くなってきた方をよく見かけます。

丸くなった背中で胸を張ろうとしても、疲れるだけです。
筋トレしても、伸ばすことはできません。

そして、
放置していても治りません!

ぜひ治療を受けてみてください。

丸くなった背中が、まっすぐになるかどうかは、何とも言えません。
症状によっては、難しいものもあります。

それでも、体がラクになり、日常生活を快適に送れるように
なるのですから。

放っておかないでくださいね。





Category:・円背 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

筋トレは必要ない?①

2011.09.21 Wed
以前も紹介したのですが、椎間板ヘルニアの手術をしても、
痛みが再発していたKさん(80代)。
最初は、足のピクピクけいれんを治療し、
それが改善したので、少しずつ、腰の治療も始めています。

椎間板ヘルニア、座骨神経痛と病院で言われて、
当治療室にいらした方は、
実は、椎間板も、座骨神経も関係なくて(と私はそう確信して治療しています)、
中殿筋、小殿筋に痛みがあり、こわばっている、という方が多いです。
原因はこっちだと思うのです。

お尻から、太ももの外側、ふくらはぎの外側あたりに、痛みや、
ビッとしびれみたいなのを感じる、という方々です。
長時間座っていられない、という方が多いです。

このタイプの方々は、普通の腰痛の方よりは、治療に回数がかかります。

Kさんの場合、トレンデレンブルグ歩行といって、
歩くときに片方(痛む反対側)の骨盤がガクンガクンと下がります。
痛みの強い方に、よく見受けられます。
中殿筋、小殿筋は、歩行時の姿勢を保つ筋でもあるので。

この方は80代でもあるし、手術も受けているし、
歩行の改善は、少し難しいかな?と思っていました。

最初は、少しずつでも、散歩をしてみては、と提案していたのですが、
ちょっと歩くと、たちまち、足がつったり、ピクピクけいれんがひどくなるそうで、
できないようでした。

で、何の運動もしていないKさんでしたが、
痛み止めも必要がなくなってきて、
先日!

治療が終わって、駐車場の車へ向かう、Kさんを室内から見ていますと。

あれ??

歩き方が!!


普通になってる!!!


すると、Kさん、くるりと踵を返し、
こちらに向かってきた。


あれ、忘れ物?



Kさん「どう?
歩き方、よくなっただろ?」


私、思わず、ハダシで、外へ出て。

「すばらしいです!いい歩きです!」

ここまでくるのに、15回の治療(週1,2日の割合でいらしています)
約3カ月。

足腰が痛くなると、筋肉をきたえましょうとか、ストレッチしましょうとか、
なりますが、
こわばって、硬くなった筋肉に
それは無理を強いることになる場合もありますね。

Kさんの場合、筋肉を鍛えていないのに、
ちゃんと歩けるようになりました。

痛みがとれ、
硬くなったところが、ほぐれてきて、
筋肉がちゃんと本来の動きを
できるようになってきたからです。
つづく




Category:・椎間板ヘルニア | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

突発性難聴と鍼灸

2011.09.20 Tue
突発性難聴に、鍼灸がいい、
特に、発症直後がいい、ということをご存じの方はあまりいないのでは?

問題を感じたら、できるだけ速やかに、
病院での治療とともに、鍼灸もお試しになってみてはと思います。

時間がたつと治りにくくなります。
初期に治療するか否かで、その後が決まってしまうかもしれません。
後悔したくない、という方は、とにかく早めに。

ただし、治るか治らないか、
どのくらいかかるのか、は、何とも言えないんですよね・・・

それでも、週2回程度の治療を、
3か月なり、半年なり、とにかく続けてみよう、
という意思をしっかり持って、取り組む気持ちが必要になります。
(耳鳴り、めまいも同じように考えて下さい)
特に、最初のうちは、連続した治療が効果的です。





Category:・突発性難聴 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

仰向けに寝られない② 胸椎圧迫骨折

2011.09.19 Mon
治療室では、タタミユニットの上に、薄手の布団を置き、
その上に、夏は、寝ゴザを置いて、治療をしていました。
ゴザは香りも良く、気持ちがいい。好評でした。

しかし、その上で私が毎日足を踏ん張って整体治療をしていたため、
ビリビリに裂けてしまいまして、みすぼらしいこと!
コメリに新しいのを買いに行ったら、
フチに、キラキラの模様がある。
キラキラはちょっと・・・

探しているうちに秋になってしまいましたが、やっと気にいるのをみつけ、新調しました。
goza

そして、この、タタミユニットも好評。
お年寄りや、体格の良い方は、
小さな治療用ベッドでは、寝返りがやりにくくて困るそうです。
大の字で寝そべると、ほんとにリラックスできて、私もよく昼寝をしてまーす。

さて、Oさん(70代)
骨粗鬆症で、胸椎を2度骨折。円背です。
背中が痛い。しびれる。
草むしりの後、立ち上がると、思わず「痛い痛い!」と声がでてしまう。

体を動かしていただくと、前屈以外はできません。
つまり、体をそらすことはまったくできないし、側屈もできません。
体を横に倒して下さいと言うと、首だけが傾きます。

仰向けには寝られない。
うつぶせにも寝られない。
右を下にして寝ることしかできないそうです。

初回の治療は、立ったままで、
また、タタミユニットに、起座姿勢で、うつぶせにもたれていただき、
行いました。

治療後、再び体をそらして頂くと、
「あ!天井が見える!」

実際には、首が最初よりもそるようになっただけですが、
たった1度の施術でも、進歩です。

2回目は、治療前
sejyutumae.jpg

治療後
sejuytugo

そして、背中にバストマットを敷きながらですと、仰向けに寝ることができました。

3回目の治療では、
「夜眠るときも、仰向けにも横向きにもなれるようになりました」
立ち上がりも、まだ痛いものの「痛っ!」と、声をあげるほどの痛みはなくなりました。

放っておいても、自然に治る症状もあります。

しかし、この方の場合、右を下にしてしか寝られない状態で、
そのまま放っておいたら・・・

「年だから、こんなもの。痛いのはしょうがない」

「治らないのだから、我慢するしかない」

と、あきらめていたらどうなっていたでしょうか。

ご自身でもできる方法を少しずつお伝えしています。

少しずつ、一歩一歩ですが、
痛みに悩まされない、快適な日々を取り戻していきましょう!

治療に通うのは大変だとは思いますが、
かならず、通ったら通っただけのことは、あります。

Category:・腰痛 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

心の中ではガッツポーズ

2011.09.19 Mon
前回書いた通り、「椎間板ヘルニア」「座骨神経痛」「五十肩」では
治療は、コツコツと。回数がかかる場合が多いのです。

しかし、うまくいけば、1回で良くなる、というたぐいの疾患もあります。
捻挫です。

さて、日曜日は、鴨川市主催の、「ラクラク整体教室」の日でした。

教室後、ひとりの受講生の方がいらっしゃり、

「足首が2カ月前から痛い」とのことです。

「この痛みが、年をとってからも続くと、
歩き方のバランスも悪くなってしまうのではないか、
何か、改善するための運動方法はないか」とのご質問でした。

この方の外くるぶしには、ガングリオンがあります。

2か月前、イスから飛び降りたときに、かかとのあたりに衝撃を感じ、
ガングリオンのあたりに激痛。
それ以来、痛みが引かないというのです。

整形外科では、「アキレス腱のストレッチを」、と言われたそうです。

私は、その方の痛みの状態を聞き、
心の中で、ガッツポーズをしてしまいました。


(年をとってから、だなんて。

ストレッチなんか、やんなくても。

今すぐ治るわ。)と。

しかし、心の中でガッツポーズをして、施術することがよくあるのですが、



実際は、ぜんぜん良くならない場合もあり・・・・・・・・・・
そうだったらカッコわるいです・・・・・・・・・・

その方に、何度か痛みを聞きながら、
足に触っていきました。
5分程度。

私「で、どうでしょう?立って動かしてみてください」



その方「へっ?
あ、いいみたいです!」


「でも、また痛くなったらどうしましょう」


私「これはもう良くなりました。もう痛むことはありませんよ。」

実は、この方の状態、
先日治療した、捻挫の方と同じでした。

先日捻挫された方も、1週間後、様子を聞くと、
あれ以来治ってしまった、というお話でした。

捻挫の場合は、座骨神経痛のように、ゆっくりこつこつという治療をしなくてもいいのです。

ちなみに、外くるぶしのガングリオンは、また別な調整をすれば、引く可能性があります。





Category:・捻挫 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

治療後に、痛くなる

2011.09.18 Sun
先日、「奥深いことば」で書きましたが、
かけだしの頃、鍼灸のベテラン先生に、アドバイスを求めると、
「それ以上わるくならなきゃいいんじゃない?」
と言われたのでした。

これは、捉え方によっては
「治してやろうと思わず、適当にお茶をにごしておけばいいんじゃない」、
とも取れますが(私は当時そう捉えた)

それは、今考えると、
たまに、治療後、痛みが増してしまうことがある、
というベテランの体験を踏まえて、
先輩はおっしゃったのだと思うのです。

私も実は、そういうことが何度かあります・・・

つい最近も、腰痛の方で
「治療後に、痛くなってしまった」とのご連絡が・・・・・・

初診のときは、かなり用心深く、その方のおからだの変化を見つつ、
少し物足りない程度で、止めておきます。

しかし、
2診目、3診目あたりで、
そろそろ本格的に、アプローチしていこうだとか、
もっと効果を出してやろう、
早く治そう、などど、
多少の気負いや、欲を出してしまうあたりが、
本当は、注意が必要なのです。

特に腰痛など、筋肉の疾患は、
患者さんの筋肉が、いわば、縮こまって、固まっている状態。
それを、一気に、緩めようとすると、
筋肉に無理がかかったり、
その場は、ゆるんでも、
その後、また一気に元に戻ってしまう反応が起きたりしてしまいます。

治るには、その方それぞれのスピードがあり、
早く治せばいいというものではない。

ということを、反省しました。

特に、当治療室で力を入れている、
「椎間板ヘルニア」「座骨神経痛」と呼ばれる部類の痛み。
このほか長期化した「五十肩」などもそうなんですが、
これは、実際、治療には、かなりの回数が、かかるのです。

こつこつと、ゆっくりと。

何度も通っていただくのも大変とは思うのですが、
やはりこつこつ、と自分に戒めたのでした。

その一方で、
1歩踏み込んだアプローチが、
大きな効果をもたらすことがあるんです。

このへんのさじ加減は、とても難しいところです。

ただし、治療後、痛みが起きても、「悪化」ではなく、
その痛みは引いていきますから、ご安心くださいね。









Category:・いつもの治療室 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

あおむけに寝られない①

2011.09.15 Thu
ここいらは、どこの町でも、朝。昼、夕方と、有線の音楽がかかるけど、
いすみ市は、いつのまにか、夕暮れ時、「夕焼け小焼け」から、
「里の秋」に曲が変わってますね。

ところで、病院では、よく「年のせいだから。しょうがないね。」と
お医者さんに言われる、と聞きます。
「年のせいだから」と言われたくなくて、病院に行かないという方もいる。

「年のせい」、という言葉は、とても残酷です。

年はもとには戻せない=今の不調は治らない、我慢するしかない、

ということだから。

でも、実際は違いますから!

さて、Uさん(70代)

「背中が痛くて、仰向けでも、横向きになっても、ラクじゃなくて、眠れない。
枕を抱いてうつ伏せの姿勢で寝ている。

朝、雨戸をあけるのもつらい。

足首から下がほてる。」

少しだけ背中が丸くなっているUさん。
まず、バストマットを敷き、うつぶせの姿勢で10分ほど施術。
では、仰向けになってみましょうか?
あらラクだ。
仰向けOKになりました。
あとは足が少しむくんだ感じだったので、循環を良くしました。

Uさんは、今も現役で農業に従事しています。

体を使うお仕事をしていると、お体は傷んでいることが多い。

でも、全般的に、体をあまり使っていない人より、
体をよく使っている方の方が、
回復が早い傾向にあるように感じます。

静脈やリンパ液は、筋肉がポンプの役目をして、それらの流れを助けていますが、
体を動かす方は、筋肉を良く使うので、循環が良くなるのでしょうか。

正直、Uさんは、しばらく通ってもらわなければ、と思っていたのですが、
その日、「足が軽い軽い」とお帰りになり、

なんと、数日後、2回目にいらしたときには、

「仰向け、横向きで普通に寝られるようになった。

雨戸を開けるのもラク。

足のほてりもなくなった。」

というので、私はビックリしてしまいました。

恐るべき、回復力!
それで、背中もなんだかまっすぐになっている。
これにもビックリ。

チカ治療室へは、「あそこへ行けば、20歳若返るから」と言われ、
いらしたとのことでした。

その言葉が効いたんだな!
本当に若返ってしまったんですね!


「年だからと思って、痛いのが普通で、我慢するしかないと思っていた」
とのことですが、
「痛くなくなって、痛くないのが普通と気づいた」そうです。

結局3回来ていただいて、あと何か不調は残っていますか?と伺うと、
「冬に足首が冷える」とおっしゃるので、養生のために治療を続けてもいいんですが、
それでは、涼しくなったらまた、ということで、いったん治療は終了しました。

(ただ、これはUさんのお体が、もともとご健康で回復力があり、
特別にうまく行った例です。
通常は、もっと期間がかかります。)

つづく







Category:・腰痛 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

捻挫が、1回で良くなるわけがないだろ、と思いますか?

2011.09.11 Sun
鍼灸学生だった頃、
学校の帰りは、JRから地下鉄に乗り換えるのに、
全速力で数百メートル走らなければなりませんでした。

階段を1段はぶきで下りていて、足をグキっとねじった。
いままでの捻挫にないほどかなり痛くて、関節があやうい感じ。

まずは、鍼灸を受けてみました。

そのときかかってみた先生は、ちょんっと、1本ハリを打っておわりでした。

いくらなんでも、これでは治らないだろう、
やはり、こういうのは、整骨院なのかしらと思い、
こんどは整骨院に行ってみました。

靭帯が伸びて、またグキっとやりそうな、あぶない感じなので、
固定してくれるのを期待して行ったのですが、
そこの整骨院では、
あたためて、電気をかけただけでした。

毎日来てくださいと言われたけれど、
これを毎日やっても治りはしないだろうと思い、
それ以降は行きませんでした。

結局、自然治癒しましたが、1年以上、不安定な感じと軽い痛みが残りました。

そして、もう10年以上たちますが、未だに、押すと痛い部分があります。

ハリを1本ちょんと打つだけではだめだろうと思うけど、
捻挫の痛みや炎症の緩和は、鍼灸で、できます。

ただ、微細な関節のずれが原因で、痛みが起きていることがあります。

これは、鍼灸では治せません。

しかし、今、当治療室でやっている整体では、治せるようになりました。
症状にもよりますが、うまくいけば、ですが、1回でよくなることもあります。
あっ、治るというのは正確ではありませんね。
捻挫を気にせずに、普通に生活できる位になるという意味ですね。

というわけで、30代Hさん、ママさんバレーで、捻挫したということで
ご来院なさいました。

足首がちょっとだけ赤く腫れています。
背屈、底屈、まわすと、かかとに痛みが出ます。

痛みを起こさないようにしながら、関節の微調整を行っていきました。
かかった時間は20分程度でしょうか。

背屈、底屈、まわして、
痛くない。
足踏みしていただきましたが、
「あらー?痛くない。最初と全然違う、軽い!」とのことでした。

また、腫れも大分引いた感じでした。
たぶん、これでOKと思います。
(まだ気になるようでしたら、いらして下さいね)

もちろん、のばされた靭帯が、もとに戻るわけではありませんので、
その回復には時間がかかります。

ただ、捻挫したときのようなムリな力がかからなければ、

普通に歩いたり、軽く走ったりすることはできると思います。

関節の位置が、あるべき位置にさえおさまっていれば、痛みや炎症は起きないと思われます。
もちろんシップもいりません。

このほか、肉離れも、特に、障害を受けた直後ならば、改善させられる見込みがあります。
ご相談を。

Category:・捻挫 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

奥深いことば?

2011.09.09 Fri
鍼灸師になったばかりのころ、
鍼灸師やマッサージ師さんが集まる食事会で、
近くの席にいらしたべテランと思われる方に、
質問をしたことがありました。

「治療をしていくにあたってアドバイスはありますか。」

その方は、

「そうねえ・・・」





「ま、それ以上悪くなんなきゃいいんじゃない?」

私「・・・(ギャフン)」


というより、
「治りたくていらしている患者さんに、それはないんじゃない?」と、
多少、憤慨しました。


しかし、今となっては、それは、
深い言葉だったのかも?・・・と思ったりもします。

良くはならなかったとしても、少なくとも悪くならなきゃ、
そこそこ無難にやっていける。
長くやっている方ならではの言葉だったのかも?

それに加えて、整体をやるようになって、
これほど鍼灸って敬遠されるものなんだ、と
いうことを知ってから、
その言葉を何度も思いだすようになりました。

鍼灸治療をするときには、
治療後、だるくなったり、ハリの感覚が残ったり、
症状が強くなったり、といったことが起きることもあります。

もちろんそれは、ご説明しているのですが、
初めての方で、それが原因で、
ハリに良くないイメージを持つようになってしまったら、
残念なことです。

今はまず「効かす」というよりは、
慣れてもらう、ことも大事と思うようになりました。

そう思う一方で、治療後に多少、痛みが増す、だるくなる、
などの強い反応が起こっても、「治す」ということへの
前向きなチャレンジも必要だし。

難しいところです。

Category:・いつもの治療室 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

首がまわらない エクソシスト

2011.09.06 Tue
真の、大人の、買いものとは!?

それは、よく吟味し、必要なものだけを
購入することでありましょう。

治療室の近くには100円ショップがあるのです。


100円だと思うと、
ふつうは、軽く、興奮し、
(興奮しませんか)

「ついでにこれも」

「アラ、これ、ほんとに100円?」

「マア、これも使えそう」と、
知らず知らずのうちに、1000円位は買ってしまうものです。
(買ってしまいませんか・・・?)

しかし、大人は、そんなことはしない。

もちろん興奮したりはしない。



人生に、本当に必要なものって、そう多くはないのよ。




というわけで、

本日、私が買ったものは、



化粧スポンジ1ケ。


「大人だわ・・・」

とひとりごちる私・・・


なのでした。


ところで、「首が痛くて」「首がまわらない」という方は、けっこういらっしゃいます。

もちろん鍼灸でも改善できるのですが、
整体を取り入れてからは、
さらに高い確率で、その場で改善できてしまいます。

それは、もう、映画エクソシスト位、

それでなければ、フクロウ位、

首が、よくまわるようになります。

(誇大広告)

「えー、まわるまわる、おもしろーい」とか、

「すげーすげーこんなに首がまわるの初めて」とか、

言っていただき、
患者さんは何度も首を回されるのです。

Category:・肩こり | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

しらなかったことだらけ

2011.09.05 Mon
ほぼ、毎週、休日は整体の勉強に通っていますが、
車で行くのに、ひと山こえなければならない。

運転中、カーブで、急に、スケートリンクを走っているみたいになりました。
うん、これが、ハイドロなんとか現象だと思いつつ、
ハンドルを切ると、
こんどは、ガードレールにぶつかりそうになり、
足がつぶれるか、
それともアタマをガラスに打ち付けるんだろうかなどなど考えつつ、
血まみれの自分を連想し、
また、ハンドルを切り、蛇行運転。
ブレーキは踏みませんでした。
踏んだら、くるんと回るかと思って。
こういうときは、アタマはあれこれ働いてるものですね。
あとで思えば、センターラインの上で滑ってたみたいでした・・・

ああ、おっかねえ!

さて、鍼灸も整体も、毎度勉強するごとに、「知らなかった~」、
「へえ、こうするとこんなに良くなるんだ!」という方法論はたくさんあります。
また、ひとつひとつの技術も、すごく簡単そうに見えて、
習熟するにつれ、効果も上がってくるものです。
それはとてもわくわくします。
半年前、治せなかったことが、今は治せるようになっている、
そんなふうに進化していきたいと思います。

しかし、整体をやってから、改めて、知ったことがあります。


それは、いかに鍼灸が知られていないかということでした。

「ハリは、医者に止められているので、やらないでください」

ハリではなくて、
整体でおねがいします。」

もっとひどくなったなら、ハリでもおねがいします」

以前は、鍼灸専門だったので、これだけ、鍼灸が敬遠されているとは、
知りませんでした。

一方、以前から当治療室で、ハリを受けている方は、
「整体もいいけどできればハリで・・・」と、その逆だったりするのですが。

ちなみに、鍼灸は、どんな医療を受けていようと、薬を飲んでいようと、
それらと併用して、何らさしつかえありません。
お医者さんに止められていても、
やったって全く問題はありません。
(でも、ダメと言われたなら、わざわざやりませんが。)

そして、どのくらい間を開けたらいいかというと、
毎日やった方が、効果はあります。

鍼やお灸は、何か薬を注入するわけでもなく、
ごく弱い身体への侵害刺激が、作用します。
もちろん、安全な場所に、安全な深さで打ちます。

身体への侵害刺激という点でいいますと、
鍼やお灸どころではない、
強烈な侵害刺激といったら、


「メス」
身体を深くざっくり切る、
これが体に大きなな影響を及ぼすのは言うまでもないでしょう。

また、点滴や注射も、侵害刺激とも言えます。


鍼は、それよりず~っと細いんです。

手術や点滴ができる方なら、
ハリなんてどうってことないはずなのですが・・・

手術や点滴よりも怖がる人が多いのですね。

そんなにスゴイことと思わずに、気楽に、受けていただければ

不調が改善する、

痛みが取れる、

コリが取れる、

体調が良くなる、

気持ちいい、

リラックスできる、

肌に潤いがででくる、

血色がよくなってあったまる、

むくみがとれる、

いいことたくさんありますよ。

手術や注射のほうは、あまりお気軽に受けても、アレだと思いますが。


Category:・いつもの治療室 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

異常な感覚

2011.09.02 Fri
去年の夏、私は、鍼灸治療にずいぶん通っていましたね・・・

通っていた鍼灸院の待合室では、患者さんたちが談笑しています。

治療を受けに来るくらいだから、どこか不調なはずなのに、
笑顔を見せられる方々を、私は尊敬してしまいました。

その中で私は笑えませんでした。
自分の不調のことで頭がいっぱいで、ゆとりがなくなっていました。

治療を受けたけど、今回も変化がなかった・・・
本当に治らないのかもしれない・・・
がくっとなってる帰り道。
非常な遠方まで通っていたので、その落胆も大きかった。

しかし、治るものは治るし、
どんなに腕のいい先生を以てしても、
治らないことだってあるのは事実。

それは仕方ありません。

でも、それが、治らないのではなくて、
治療のピントが違っているだけなのかもしれない。

ちくちくする、ビリビリする、熱い、
ズキズキ、じりじり、しびれる、
普通とは違ういろいろな感覚で、お悩みの方が
当治療院にもいらしています。

私も、異常感覚で悩んでいました。
去年の今頃、まだ暑い季節、冷房に当たっているわけでもないのに、
背中から肘まで氷が張りついているみたい。
手で触れても、手の温感を感じることができない。
麻酔がかかっているみたい。
ああーつめたいつめたい、これが冬になったらどうなるのだろう・・・

今は、症状が緩和しており、
いろいろ体験し、考え、これが本当に勉強になったと思っています。
それをきっかけに整体を取り入れました。

自分が患者として受けたときになかなか良くならず、
笑顔を見せる余裕もなくなった位だから・・・
今度はこちらが治療をする時にも、プレッシャーを感じてしまいます。

ピントが合った治療を、と思いますが、
実際に、やってみなければわからないこともあり、
少し猶予をいただきたい、と思うこともあります。

思ったほどよくならず、その後しばらくいらっしゃらないけど、
別のやりかたなら改善できたかもなぁ・・・と気になる方々もいます。

当治療室では、1つの方法だけでなく、
いろんな角度からの治療方法がありますから、
希望を捨てずに取り組んていただければ・・・



Category:・いつもの治療室 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

バイク転倒後足が、ずーずー

2011.09.01 Thu
しかし、ヤギのおかあさんって、大変じゃないかと思う。

ヤギのゆきちゃんは、慢性下痢だっていうのに、
おっきくなった青首輪が、今だにオッパイをねだってるかとおもうと、
やぎおは、ゆきちゃんのお尻をおいかける。

ミニストップ側の、志乃(仮名)は、
この春、子ヤギを育てていませんでしたっけ?
(それとも別のヤギ?)
また2頭産んで、やせた体で、世話をしていますよ・・・
志乃ちゃんにやわらかい草でもあげようと思うと、
子ヤギがおびえてパニックになるので近づけません。

Sさん 82歳男性
20日ほど前、バイクで転倒。
倒れた時に、左足の内くるぶしあたりが、
バイクのステップでつぶされる感じになったそうです。

痛みはなく、動かせるので大丈夫と思ったが、

「足がずーずーする。」

ずーずーのニュアンスがわからなかったのですが、
ふくらはぎまで、しびれが走るような感じが
あるようで、それがつらいそうです。

押しても痛みはなし。

足首を背屈、底屈、
内返し、外返ししても、
まわしても、痛くありません。
内出血もなかったそうです。
しかし、足の甲から足首、ふくらはぎまで、腫れています。

整体をして、腫れはいくぶん引きました。

そして、ていねいに足を見ていくと・・・
ご年配の方は特に、足に青い血管が走っているのが見えますが、
その中に、赤いにょろっとした血管があることがあります。
私が見つけたのは、血管というより、
1ミリくらいのちっちゃな赤み。
鍼灸では、細絡といいますが、そこを押すと、
「あっ、そこは痛い!」
多分原因はここです。

くるぶしはいくら押しても痛くありませんでした。
原因と思われる場所は、くるぶしよりも指に近い場所でした。
鍼治療をし、その後「立ってみてください」

Sさん1歩足をついて、

「あ~、ずーずーしない」

足を何度かついてみて、

「あ~、さっきと全然違う、
ずーずーしない」とにこにこ。

これから稲刈りだそうです。
骨の状態までは、見ただけではわかりませんので、
念のためレントゲンは撮っておくに越したことはありませんが、
稲刈りは大丈夫なのではないでしょうか。


Category:・外傷 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

今まで生きてきた中でいちばんつらい顔面の違和感

2011.08.31 Wed
Yさん40代(男性)

上顎洞炎手術後、顔面(鼻周囲)に違和感が出て2カ月ほどになるとのこと。
憔悴しきったご様子でした。

「40数年間生きてきた中でいちばんつらい。」

鼻の下を動かしたときに、皮膚が伸びないような、硬くなったような感覚があり、
気がへんになりそうなほどだそうです。

上唇をなめると、目の下にビリビリとした感覚も走る。
不快な感覚で、眠れない、食べられない、他人にはわからない、ほんとうにつらい症状のようでした。

病院からは、テグレトールを処方されています。
これは抗てんかん薬でもありますが、
三叉神経痛に用いられる薬です。

最初は三叉神経痛を考えた針灸治療&整体をしました。

初回治療後「あ、鼻の下の皮膚が伸びる。」
通常の感覚が戻ってきたようです。

治療後時間がたつと、また症状が出るそうで、休日をはさみ、毎日施術。
治療してみると、どうやら、
三叉神経痛というよりは、手術後の何らかの影響で、
本当に口の周りの筋肉が伸びにくいのではないか、と思われました。

5回目あたりから、「多少違和感はあるが、硬くなった感覚は出ない状態が続いている」

6回目後、「ゆうべは、初めて、夜一度も目を覚まさなかった」

最初数回は、お腹を診させていただくと、腹直筋がガチンガチン。
みぞおちも、バンバンに張っており、症状のでている側の肩甲挙筋がこわばっていました。
体の一部の症状、それに伴う気持ちのイライラは、全身に影響を及ぼします。
症状の改善とともに、お腹もやわらかくなってきました。

しかし、またあの症状が戻ったら・・・という、不安が、非常にあるようです。

あまり意識しすぎると、感覚も過敏になってしまいますから…
とはいえ、本当ににつらい状態を
長いこと過ごされてきたわけですから、意識するなというのも無理な話ですね。
しかし、確実に、改善してきています。

気持ちの安心も、改善につながります!


Category:・三叉神経痛 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。